監査人は何をしているのか①~前期比較

会計監査をしている会計士が具体的に何をやっているのか、ご存じない方がほとんどだと思います。
会計監査を受けている会社の方が、監査人である会計士が何をしているかを知ることで、監査に対する時間等の負担が軽減されるととともに、決算効率化・一日でも決算作業が早くなることを願います。

1回目として、「前期比較」についてご説明します。
監査人が監査初日に必ずやることは前期比較です。
監査チームの主査(インチャージ)はBS、PLの全体の前期比較を行い、各スタッフは割り振られた勘定科目の前期比較を行います。各勘定科目の監査調書を作成する際のトップページに来るもので、この前期比較をした監査調書を監査業界ではリードシートと一般的に呼ばれています。ちなみに、海外の監査人の監査調書を見ても、「Lead Sheet」と記載されているため、リードシートは世界共通の呼び名と思われます。

会社の経理の方で、監査人から、「当期の売上が増加している理由は何でしょうか?」、「未払金が前期末から増加しているの理由は何でしょうか?」など、前年の実績と比較した増減理由をしつこく質問されたことがある方は多いのではないでしょうか。
監査人は会社の方に嫌がらせをしているわけではなく、異常な増減について理由があるかを確認しているのです。理由がない異常な増減が見られた場合、大抵の場合決算の誤りであることが多くあります。
そのため、監査人は必ず監査初日に前期比較を行い、ざっと異常な増減の有無を確認し、決算の誤りの有無を確認しています。

私が会社に勤めて監査を受ける立場であったときには、この前期比較の増減理由の質問には辟易した思いしかありません。なぜなら、通常、会社は予算を追いかけて事業活動を行っているため、対予算の話ならできるのですが、対前年の話になるとすぐには答えられず、会計士の質問って面倒くさいなあと思っていました。

監査人の立場も経験したから言えるのですが、前期比較は会社でも行うべきだと思います。
メリットとしては3つあまります。
①決算作業のミスを発見することができる。
②会社の事業活動に関する理解を深めることができる経理・財務人員を育成できる。
③監査対応に要する時間を削減できる。

①については、経理部門では仕訳を慎重に作成しますが、やはり人間がやることですので桁を間違えたり、数字自体を間違えたりしてしまいます。しかしながら、前期比較を行えば異常な誤りにはすぐ気づくことができ、大きなミスを防止することができます。

②については、経理・財務部門の仕事は正確な数字の集計等としてい会社が多くありますが、会社の事業を数字を追って考えることで経営感覚を身に着けたりすることにつながります。

③については、会社で分析した前期比較の資料を監査初日に用意しておくと、間違いなく監査人からの質問は減り、監査対応に要する時間が減ります。そうすることで、1日でも早く決算を占めることも可能となると思います。

いきなりは全科目をやるのは難しいと思いますので、勘定科目一つからでもリードシートを作成していくと、監査対応時間の削減のみならず、強い経理体制の整備に役立つことと思います。