会社=株式会社ではない

通常、会社と言われて想像するのは株式会社かと思います。
しかしながら、会社法上で定められている会社は、「株式会社」、「合同会社」、「合資会社」、「合名会社」の4種類あります。このうち、「合資会社」と「合名会社」は会社に対して無限に責任を負わなければならない無限責任社員が必要になるため、一般的には会社設立時には用いられません。

そのため、会社設立に際しては、「株式会社」もしくは「合同会社」で設立するのが一般的です。

なお、「有限会社」という会社形態を耳にされることも多いかと思いますが、2006年5月の会社法施行日からは、「有限会社」は新たに設立することはできなくなりました。

株式会社と合同会社どっちがいい?

では、株式会社と合同会社どちらを選べばよいのでしょうか?
1.設立時の費用
合同会社を設立するために必要な最低費用は約10万円ですが、株式会社を設立するために必要な最低費用は約24万円です。

2.役員の任期
通常、株式会社では、取締役の任期は2年、最大限10年まで伸ばすことができます。任期を過ぎると、同じ人が引き続き役員になったとしても、再度、登記を行わなければいけません。登記を行う際、一人当たり最低1万円、資本金が1億円超なら最低3万円の登録免許税が発生します。
一方、合同会社の場合は役員の任期という概念がないため、同じ人が役員である限り、再度、登記を行う必要はありません。

3.知名度
知名度で言うと、圧倒的に「株式会社」の方が知名度が高いと思われます。また、会社を代表する役員の名称は、株式会社の場合「代表取締役」、合同会社の場合「代表社員」となります。

4.まとめ
上記のほかにもメリットデメリットはありますが、まとめると次の通りになります。

株式会社 合同会社
初期費用 約24万円 約10万円
ランニング費用 同じ人が役員でも、任期毎に取締役・監査役の登記のたびに登記費用がかかる。 同じ人が役員である限り、登記費用はかからない。
知名度 高い 世間ではあまり知られていない。
こんな場合に ・設立費用の額にあまりこだわりはない
・今後さまざまは取引先を開拓したいので知名度を優先する
・将来的に上場も視野にいれいている
・従業員を雇わず、役員も自分一人
・実績が豊富なため取引先からの影響を受けず会社形態にこだわる必要がない
・個人の不動産投資家が資産管理会社を設立する

このようなお悩みがある方はご相談ください

icon-check-square-o 東京・埼玉・千葉・神奈川近辺で会社設立したい
icon-check-square-o 個人事業を法人成り(法人化)したい
icon-check-square-o 一日でも早く、会社設立したい
icon-check-square-o 会社設立の手続き全てをお任せしたい
icon-check-square-o 会社設立とあわせて、融資申請のサポートも受けたい
icon-check-square-o 会社設立後の、経営のアドバイスも受けたい
icon-check-square-o 会社設立後の、信頼できるパートナーを求めている

料金

顧問契約を予定される会社さまについては、会社設立に関するサポートは無料で行っております。

【お問合わせ・ご相談について】
会社設立についてわからないこと、実際に依頼される場合の手続きなど、わからない点やご相談がございましたら、お電話またはお問合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。費用(報酬)のこと、実際の業務の流れなどどんなことでも構いません。東京都稲城市の東郷会計事務所はすべてのお問合わせに、親切・丁寧にお答えいたします。お問合わせをお待ちしております。