コピペ

業務効率化のエクセル術

エクセルであるセルのデータをコピーして、他のセルに貼り付ける際の方法です。

コピー

コピーしたいセルを選択して、キーボードの「Ctrl」ボタンを押しながら「C」ボタンを押すと、コポーされます。

例えば、B列3行目の100をコピーしたい場合。B列3行目のセルを選択して、「Ctrl」ボタンを押しながら「C」ボタンを押すと下の画面のように、コピーされた箇所が点線枠になります。この状態でB列3行目のセルがコピーされた状態になります。

貼り付け

次に、例えば、B列7行目に貼り付けたい場合。B列7行目のセルを選択して、「Ctrl」ボタンを押しながら「V」ボタンを押すと下の画面のように、先ほどコピーしたB列3行目のセルが貼り付けられます。

補足

コピーコマンド「Ctrl」+C、と、ペースト(貼り付け)コマンド「Ctrl」+Vはエクセルワークで多用します。私の場合は、左手薬指で「Ctrl」を押さえて、CやVは左手人差し指で操作します。右クリックして、「コピー」や「貼り付け」でやっても結果は一緒ですが、「Ctrl」+C、「Ctrl」+Vを使えると断然作業効率が上がります。慣れればキーボードの手許を見なくとも、左手だけでコピペができるようになります。

また、今回はとりあえず、コピペの基本だけをお伝えしているため、コピーしたいセルに数式が入っている場合などは、「Ctrl」+C、「Ctrl」+Vで思うように行かないかもしれません。数式をコピーして、数式を貼り付けたいのか、数式で表示されている数字を貼り付けたいのかなどによって若干対応が変わってきますので、その方法も別途書きたいと思います。